名誉センター長 菱川良夫による発売著書のご紹介をいたします。

がんは陽子線で治す

がんは陽子線で治す

発売日

2015年08月24日

価格

1,620円(本体価格1,500円)

「肺がん」「肝がん」「前立腺がん」「乳がん」「腎がん」「膵がん」「喉頭がん」「上顎洞がん」……。
「打つ手なし」と言われた人でも、治療への手段はある。
痛みも副作用もない、切らない最先端医療・陽子線治療。
システムから治療にかかる費用までを専門医が詳しく、わかりやすく解説する。

チラ読みする (PDF)

購入する(PHP出版)

「がんは治る!」時代が来た “痛くも痒くもない”粒子線治療のすべて

「がんは治る!」時代が来た “痛くも痒くもない”粒子線治療のすべて

発売日

2010年08月23日

価格

1,188円(本体価格1,100円)

日本では2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死ぬ時代です。そのわりに、日本人ほどがんの実相に疎いのも他の先進社会ではありません。
また日本のがん治療と言えば、すぐに切り取る手術に偏重しています。そのがん治療は患者にとっていいことなのでしょうか?
その点、近年注目されている粒子線治療は、手術なし、正常な組織を傷つけずがんへの集中性が高い、完治の期待が高いなど、保険による準備をしておけば、おおいに将来が明るい治療法でしょう。
本書はがんとの向き合い方、日本のがん治療の実態を紹介した上で、粒子線治療を詳らかに解説し、がん患者やその家族をはじめ多くの人たちに生きる勇気を与えます。

購入する(PHP出版)