がん撲滅基金のご案内

メディポリス国際陽子線治療センターは、鹿児島県 指宿市を一望できる高台にあります。ここでは、主に粒子線の一種である陽子線を使い「治療」と「研究」を行っています。「治療」では、従来の陽子線治療をより確実に行う為、日々のカンファレンスを通し、技術や知識の共有を計り、患者さんに最適な治療を提供しています。
「研究」では、新たなチャレンジ目標として、「乳がんを切らずに治す」を掲げ、陽子線治療装置を乳がん治療に応用する為、治療法の研究、装置や器具の開発を進めています。

「早期に発見できた乳がんを、陽子線で治療する。」がスタンダードとなれば、検診の受診率が上がることも期待できますし、手術後のQOLも大幅に向上するでしょう。乳がんを切らずに治すと言う目標を実現することが出来れば、全ての女性に大きな希望を与えることができると確信しております。

この目標を実現する為の研究・開発には、若い医師、看護師、技術者の協力が必要であり、彼らが頑張れる環境を整え、研究費を確保することは、センター長である私の仕事の一つであると考えております。

このような志にご賛同いただける皆様に、当センターでの乳がん治療を含めたがん治療の研究、研修へのご理解、温かいご支援をお願いする次第です。大地のエネルギーが沸き立つ、南国・指宿。この地で一つでも多くの笑顔を作れるように頑張ります。

一般社団法人メディポリス医学研究所
メディポリス国際陽子線治療センター
名誉センター長 菱川 良夫

がん撲滅対策基金について:資料送付

がん撲滅対策基金の資料をご希望の方は、下記の専用フォームに入力してください。 資料を送付させていただきます。 資料を希望される方はこちら
なお、当財団は平成25年4月1日より一般財団法人に法人移行いたしましたことより、当財団に対する寄附金につきましては、税優遇措置はございませんのでご理解並びにご承知くださいますようご案内申し上げます。

また、当財団に5万円以上ご寄附をいただいた個人・団体・企業の皆様方へ感謝の気持ちを込めて、『メディポリス指宿』敷地内樹木に記念のプレート設置を行っております。ご寄附を賜りました皆様方には、折に触れて、メディポリス指宿にお越しいただき、記念樹と当財団の成長の様子をご覧いただくと共に応援していただければ幸いでございます。当財団は皆様方のご来訪を心よりお待ち申し上げております。