陽子線治療を代表する医師2名が在籍

陽子線治療が医療として本格的に開始された1990年代、当センターに所属する医師2名も専門医としてその歩みをスタートしました。それぞれ粒子線治療専門病院の開設、さらに個々のがんに対する治療技術の確立を担い現在に至ります。陽子線治療の歴史をともに歩んできた医師たちが、その豊富な経験に基づいてメディポリスの医療を牽引しています。

菱川 良夫
メディポリス国際陽子線治療センター 名誉センター長

菱川 良夫

陽子線と重粒子線の両方の治療を行える世界唯一の施設である兵庫県立粒子線医療センターの初代院長(終身名誉院長)として2001年に赴任。
2010年よりメディポリス国際陽子線治療センター長。

  • 1994年 西日本で最初の粒子線治療施設の開設に向け、 兵庫県保健環境部に入庁
  • 2001年 兵庫県立粒子線医療センター初代院長就任、同センターにて陽子線治療開始
  • 2002年 同センターにて重粒子線治療開始
  • 2010年よりメディポリス国際陽子線治療センター センター長
  • 2012年 『週刊現代』(講談社)にて、日本にいる「ノーベル賞級の名医」ベスト30に選出される
  • 2017年3月より名誉センター長

荻野 尚
メディポリス国際陽子線治療センター センター長

荻野 尚

1996年、国内で初めてとなる医療専用の陽子線治療施設である国立がんセンター東病院の設立時メンバーの一人。

  • 1996年 国内初の医療専用の陽子線治療施設である国立 がんセンター東病院の設立に従事
  • 1998年 同東病院にて陽子線治療開始
  • 2002年 同東病院陽子線治療部長就任
  • 2004年 PTCOG(国際粒子線治療会議)を主催
  • 2005年 同病院臨床開発センター粒子線医学開発部長就任
  • 2011年メディポリス国際陽子線治療センター センター長代理
  • 2017年3月よりセンター長
  • 2017年6月より鹿児島大学 がん病態外科学 客員教授