厳しい国際基準のJCIを取得し高品質で安全な医療を提供

JCI認証

2013年、当センターは「外来診療プログラム」のカテゴリーにおいて日本で初めて、JCI認証を取得しました。2016年9月に更新のため再認証を取得致しました。

JCI(Joint Commission International)とは

「医療の質の向上と患者の安全」を評価する国際的な第三者評価機関で、WHO(世界保健機構)の推進プロジェクトを支援するなど、安全で高品質な医療の領域におけるリーダーとして認知されています。これまでに63か国796の医療施設がJCIの認定を受けています(2015年12月現在)。認定を受けるための審査は、実際の医療安全を担保するシステムがあるだけでなく、システムが機能しているかを細かくチェックします。現地を訪れる審査員の聴き取りの対象は、医療職種の職員から、施設内の従業員まで多職種に渡ります。また審査は厳しく、認定を受けた施設は世界中の医療施設の中で上位1%に位置すると言われています。

チーム一丸で取り組み国際基準JCIを維持

チーム一丸で取り組み国際基準JCIを維持

現在、品質安全管理室に所属するJCIコアメンバーを中心に、所属部門を横断して編成した26のチームが稼働し、JCIの安全で高品質な考え方を日々の医療現場に展開しています。 各部門、各チームのプロ意識は高く、お互いを高めあう素晴らしいチームワークで、高品質で安全な医療の提供にまい進しています

ニアミス事象の検討
ニアミス事象の検討
患者急変時の蘇生訓練
患者急変時の蘇生訓練