治療を受けた患者さんの声

治療を受けた患者さんやそのご家族の体験記をご紹介します。

初回照射後の感想

「こんなもんなのか~」というような感じでした。痛くもかゆくもなかったです。

最初は怖かったけど、終わったら「こんなもんか」という感じでした。

少し緊張しましたが、上手くいって良かったです。治療台に横になるとき技師さんに「リハーサルの時と同じようにすれば大丈夫です」と言われたので、ちょっと力が抜けました。

あんまり気持ちのいいものではないよね。緊張したよ。すごい衝撃が来るのかなと不安だったよ。

技師さんの言う通りにしていたら、あっという間に終わりました。

治療期間中の感想

初日の治療は、歯の根が合わないほどの恐怖を覚えていました。陽子線がズドーンと撃ち込まれるんじゃないか、衝撃があるんじゃないか、刺すような痛みがあるんじゃないかと想像してしまって。でも結局何も感じなかったんだよね。初日でどういうものかよくわかったから、2日目からは大丈夫でしたよ。

リハーサルの時に、体格の良い技師さんに言われた「大船に乗ったつもりでいてください」の一言で、安心しました。

治療室では技師さんたちの声かけが本当にありがたいです。「今から始めます」「あと2分くらいで終了ですよ」など、次の動作への声かけがあるので安心できます。治療室ではとても孤独だし、不安ですから。

仕事一筋で働いてきて、以後は子育て、一段落したと思ったら舅、姑、夫と家族の介護続きの生活でした。久しぶりに一人の生活になり、こんなに楽だったのかと実感しています。寂しいなんてとんでもない!自由を謳歌している感じです。のんびり過ごせて幸せな毎日です。

最近調子がいいです。待合室で、色んな患者さんたちとお話しできて、友達になれるのはいいことですね。こういう雰囲気がいいですね。

治療後期の感想

医療機関ではどこでも同じだけど、最初はとにかく副作用が強調されるから、不安が大きかったです。通院するうちに、周囲の患者さんを見回しても誰もひどい状態の人がいないことに気づき、安心して治療を受けることができました。

スタッフの方は、皆いつも優しく気にかけてくれて大変親切でした。28回の治療でしたが、あっという間でした。また来たいと言ったら何か変ですが、いつでも行きたくなるような病院だと思いました。

もうすぐ治療も終わりです。思えばあっという間でした。ここに来ることで安心できて癒されていました。スタッフの方々を初め、色んな方とも出会えてお話もできましたしね。ここの雰囲気がとてもいいですね。皆さん明るくて、病院という感じがしませんでした。センター長の懇話会では、『がんは自分が作り出す病気だから自覚症状がない。だからこそ自分で治る気にならないといけない。』って聞いて、まさにその通りだと思いました。良いお話が聞けました。

がんと告知されて、まさしくガーンでした。そんな風には見えないかもしれないけど、夜になると不安が高まってきてその不安を持ったまま朝が明けて、治療にやってくる日もありました。でもセンターに到着してスタッフに迎えられると、思い悩んでいたことがすっと消えていきました。本当にこのセンターは不思議な場所です。みんなが白衣を着ていないのも良いですね。病院だとは思えないです。みんなを呼び集めて一人ひとり「いい子だ、いい子だ」と頭をなでてあげたい気分です。

陽子線治療を選んだ理由・きっかけ

セカンドオピニオンに来た時、待合室で大阪から来ていた患者さん、金沢からの患者さんとお話をしました。とても楽しそうに治療中の生活状況を語ってくれたので、絶対この治療、この環境が良いと確信しました。

手術と迷ったんですが、治療効果が同じであれば普段通りの生活が送れることを重視したいと思ったんです。だって、最先端の手術とは言え、20日間ほどは入院が必要と言われたので。

孫が医学部生と歯学部生です。以前ここに研修に来たみたいで、「あそこなら安心して治療ができる」と言ってくれたので、ほっとしました。

隣りのホテルには、ここがオープンする前にも宿泊したことがあったし、たまたま去年も夫婦で遊びに来てたんだよね。そのときには、まさか自分がここに通院することになるとは思ってもみなかったけど、メディポリス指宿にがんの最先端医療をやってる施設があるってことを知っていたから良かったよ。それに、がんだと分かったときにすぐ息子がネットで情報を集めて、ここでの治療を強く勧めてくれたからね。私の場合は、最初から陽子線治療を自分で希望したんだよ。

以前、夫がここで治療を受けました。その後ずっと状態も安定していますし、検査結果も良好です。それで、自分も選べるのなら、他の治療より陽子線治療が良いと思っていたんです。

ご家族の声

母の病気を通してたくさんの知識を得ました。がんに対する恐怖心は私にはなくなりました。

趣味でフラダンスを習っています。ちょうど治療期間中に「指宿フラフェスティバル」があるので、ぜひ見に行きたいと思っています。楽しみです。

半年前に夫をがんで亡くしました。病気がわかったとき、主治医に指宿での治療のことも聞いてみたんですが「向かないでしょう」と言われて、あのときはあきらめてしまったんです。結果は変わらなかったかもしれないですが、指宿まで来て専門医の判断を仰がなかったことは心残りです。今回、母親がここで治療して、本当に良かったと家族みんなで話しています。夫のときにも、せめて相談に来ていれば良かったと思っています。

ここでたくさんの方と知り合いになれて楽しかったです。今後もお付き合いが続くと思います。

母が治療している間、娘と私は保育園で遊んでもらっています。ここで保育園デビューした娘にもお友達ができました。ここは環境が良くて、こういう所なら安心して預けられると思いました。保育士さんから家庭での遊び方や、遊び道具の作り方も教えてもらいました。本当にありがたかったです。

指宿滞在生活

指宿ベイテラスHOTEL&SPAに滞在中です。部屋からの日の出が素晴らしい。毎朝、妻と眺めていますよ。いい部屋に入れて幸運でした。

隣のホテルを利用しています。ここは何もないところだけど、のんびりするのには最適です。これまで頑張って仕事をしてきたので、こうしてゆっくり休養を取るのもよいと思っています。週末は、大学生のこどもが訪ねて来るので、レンタカーを借りて観光に行くつもりです。

自宅は鹿児島県内ですが、毎日通うのは大変だと思ったので指宿市街地の民宿を利用しています。せっかくのことだから指宿らしさを存分に楽しみたいと思って、温泉街の民宿を選びました。

民宿で他の患者さんたちと毎晩のように宴会をしています。治療中であることを忘れるくらい楽しんでいます。友達になれて心強いです。

今週末、娘・息子と小学生の孫たちが訪ねてきます。孫たちは「指宿のたまてばこ号」に乗るのを楽しみにしています。

週末、家族が北海道から大挙して観光にやってくる予定です。屋久島旅行を考えています。

美味しいマンゴーを売っている生産直売の農園があります。直売所なので規格よりちょっと小さめのマンゴーなんかもありますが、市価よりずっとお手頃です。最初はたまたま利用したタクシーの運転手さんが連れて行ってくれたんですけど、その後こちらで友人になった患者さんを誘って一緒に行きました。お隣には胡蝶蘭のハウスもあって、これも市価よりずっとお安いですよ。一緒に行ったみんなが買って自宅に送っていたので、ついつい私も送っちゃった!

週末、帰省する時はJRを使います。指宿駅にもエレベーターがあるといいんですが、残念ながらないんですよね。でも事前に車椅子のことを連絡しておいたら、駅員さんが特別なスロープを用意してくれたりして、ホームまで案内してくれます。鹿児島中央駅で乗り換えが必要でしたが、駅間で連絡されていたみたいで、着いたら駅員さんが専用の道具を持ってきて乗り降りを手伝ってくれました。鹿児島の方たちは温和で親切ですね。