センター長挨拶

荻野尚センター長挨拶

メディポリス国際陽子線治療センター、センター長の荻野です。
当センターは、リゾート地である指宿の中でも、旧グリーンピア指宿の跡地に設立している、言わば、リゾートの中にあるセンターです。多くの患者さん、特に遠方からの患者さんの中には、のんびりと温泉に入るのを楽しみに治療を受けに来られる方もいらっしゃいます。

全文を表示する
    
垣添忠生先生(公益財団法人医用原子力技術研究振興財団 理事長・公益財団法人日本対がん協会 会長)より、荻野センター長にメッセージをいただきました。     

荻野尚センター長の経歴

荻野 尚

荻野 尚
一般社団法人メディポリス医学研究所
メディポリス国際陽子線治療センター センター長

  • 1982年 千葉大学医学部 卒業
  • 1985年 国立がんセンター病院 放射線治療部医員
  • 1992年 国立がんセンター東病院 放射線部医長
  • 1995年 国内初の医療専用の陽子線治療施設である国立がんセンター東病院の設立に従事
  • 1998年 同東病院にて陽子線治療開始
  • 2002年 同東病院陽子線治療部長
  • 2004年 PTCOG(国際粒子線治療会議)を主催
  • 2005年 同病院臨床開発センター粒子線医学開発部長
  • 2011年 メディポリス国際陽子線治療センター センター長代理
  • 2017年度より現職(メディポリス国際陽子線治療センター センター長)
  • 2017年 鹿児島大学 がん病態外科学講座 客員教授