メディポリスの特徴 feature

国内有数の陽子線治療施設

3つの特徴

世界においてもセンターは
①Man ② Machine ③Methodの3つの歯車がうまくかみ合い
非常に評価されている治療施設となっています。

①Man – 日本を代表する陽子線治療の医師たち

陽子線治療が医療として本格的に開始された1990年代、当センターに所属する医師2名も専門医としてその歩みをスタートしました。
それぞれ粒子線治療専門病院の開設、さらに個々のがんに対する治療技術の確立を担い現在に至ります。
陽子線治療の歴史をともに歩んできた医師たちが、その豊富な経験に基づいてメディポリスの医療を牽引しています。

日本を代表する陽子線治療の医師

菱川 良夫

1994年
西日本で最初の粒子線治療施設の開設に向け、 兵庫県保健環境部に入庁
2001年
兵庫県立粒子線医療センター初代院長就任、同センターにて陽子線治療開始
2002年
同センターにて重粒子線治療開始
2010年
メディポリス国際陽子線治療センター センター長
2012年
『週刊現代』(講談社)にて、日本にいる「ノーベル賞級の名医」ベスト30に選出される
2017年3月
名誉センター長

荻野 尚

1996年
国内初の医療専用の陽子線治療施設である国立 がんセンター東病院の設立に従事
1998年
同東病院にて陽子線治療開始
2002年
同東病院陽子線治療部長就任
2004年
PTCOG(国際粒子線治療会議)を主催
2005年
同病院臨床開発センター粒子線医学開発部長就任
2011年
メディポリス国際陽子線治療センター センター長代理
2017年3月
センター長

②Mahine – 世界で最先端のがん治療施設

2011年1月の治療開始に向けて、メディポリス国際陽子線治療センターには最新の陽子線治療装置が導入されました。
その後もよりよい治療を目指して、国内メーカーとともに装置・機器の研究・開発を続けています。

世界で最先端のがん治療施設

快適な治療を支える回転ガントリーと治療設備一式

最も軽い元素である水素から取り出された陽子は方向の制御が容易なため、全方向からの照射を可能とする回転ガントリーは“小回り”の利く陽子線でのみ実用化されています。
国内で唯一、3室の回転ガントリー治療室を有する当センターでは、9割以上の患者さんに対し、身体的に負担の少ない仰向けの体位における「やさしい陽子線治療」を提供しています。

回転ガントリー回転ガントリー
シンクトロン加速器室(シンクロトロン)

動画で見る2,522方向の照射角度制御

    ③Method – 厳しい国際基準をクリアした高品質で安全な医療

    JCI(Joint Commission International)

    JCI(Joint Commission International)とは
    JCI(Joint Commission International)

    「医療の質の向上と患者の安全」を評価する国際的な第三者評価機関で、WHO(世界保健機構)の推進プロジェクトを支援するなど、安全で高品質な医療の領域におけるリーダーとして認知されています。これまでに70カ国1,000以上の医療施設がJCIの認定を受けています(2017年7月現在)。認定を受けるための審査は、実際の医療安全を担保するシステムがあるだけでなく、システムが機能しているかを細かくチェックします。現地を訪れる審査員の聴き取りの対象は、医療職種の職員から、施設内の従業員まで多職種に渡ります。また審査は厳しく、認定を受けた施設は世界中の医療施設の中で上位1%に位置すると言われています。

    チーム一丸で取り組み国際基準JCIを維持

    現在、品質安全管理室に所属するJCIコアメンバーを中心に、所属部門を横断して編成した26のチームが稼働し、JCIの安全で高品質な考え方を日々の医療現場に展開しています。

    各部門、各チームのプロ意識は高く、お互いを高めあう素晴らしいチームワークで、高品質で安全な医療の提供にまい進しています。

    チーム一丸で取り組み国際基準JCIを維持
    がん治療の可能性をひらく取り組みと実績
    メディポリス国際陽子線治療センターでは、陽子線治療のメリットを最大限に生かし、がん治療の次の一歩につながる研究・開発を続けています。
    乳がん治療(臨床試験/PhaseⅡ)の無償化について *乳がんの陽子線治療については、Phase1試験(4例実施)で有効性と安全性が認められております。今回、Phase2試験では、症例数20例を予定しております。費用は陽子線治療の技術料と乳房固定具作製費は無償となります。なお、検査費用等は有償となります。現在、臨床試験(PhaseⅡ試験)への参加を希望される患者さんを受付けております。
    肺や心臓といった乳房の奥にある重要な臓器を保護するために、仰向けとうつ伏せの体位を自在に反転できる装置を開発。加えて、立体的で柔軟な乳房に陽子線を正確に当てるために、乳房を固定する装具の作製に3Dプリンターの技術を応用しました。実に、4年間の研究開発期間を経て、2017年夏より第Ⅱ相試験へ移行しました。

    →フジテレビ系列「みんなのニュース」で当センターの乳がん治療の取組みが紹介されました。

    フジテレビ系列「みんなのニュース」で当センターの乳がん治療の取組みが紹介されました
    進行すい臓がん治療への取り組み
    遠隔転移が無い、もしくは抗がん剤で遠隔転移が制御されている切除不能(手術不可)なすい臓がん、および手術拒否の患者さんを対象として、陽子線と抗がん剤を組み合わせた治療を行っています。通常のX線治療では副作用の観点から、50Gy程度の線量が限界ですが、当センターでは線量分布に強弱の工夫を付けることで、最大67.5GyEの陽子線をがん病巣に照射しています。
    陽子線治療後は、かかりつけ医のもとで、抗がん剤の投与を続けていきます。
    すい臓がんの実態
    初期の段階では自覚症状が乏しく、見つかった時には既に進行していることが多い。手術ができるのは、患者全体の20%程度。また、すい臓の周りに存在する太い血管やリンパ節にがんが広がり、全身に転移しやすい。すい臓がん患者全体でみると、5年生存率は平均して約10%と極めて低い数値である。
    当センターでの陽子線治療終了後4年、経過順調でお過ごしの患者さんの経験が、新聞に連載されました。
    参考:朝日新聞生活面「患者を生きる」
    進行すい臓がん治療への取り組み

    PDFを見る

    QOL(生活の質)満足度の高い前立腺がん治療
    近年、男性のがん罹患率2位に位置し、今後も増加傾向が指摘されている前立腺がん。しかし早期発見であれば、治癒が期待できる治療の選択肢が多いがんの一つと言えます。 日本において、これまで粒子線による前立腺がん治療実績はおよそ1万件。治療中、治療後のQOL(生活の質)を重視する患者さんの多くが、陽子線治療を選んでいます。
    QOL(生活の質)満足度の高い前立腺がん治療

    前立腺がん治療直後の患者さんは、どのような治療法であっても、少数の方に急性期の有害事象がみられます。急性期症状は、およそ1ヶ月程度で回復します。陽子線治療は、重篤な晩期症状がほとんど起こらないため、治療中〜治療期間〜治療後を通して、QOL(生活の質)を落とす心配がありません。