がんの3大治療

がんの3大治療

がんの標準的な治療方法は「手術療法」、「化学療法(抗がん剤)」、「放射線療法」の大きく3つに分類されます。
日本ではこれまで、手術療法ががん治療の中心にありましたが、最近では、化学療法や放射線療法の技術の飛躍的な進歩により、がんを治療するためには必ずしもメスで切らなければならないという時代ではなくなってきました。現在は、がんの種類や状態によって治療法が選択されており、さらに2つ以上の治療を組み合わせて集学的治療として行われることも増えてきています。

手術療法

がんが進展している範囲に加え、リンパ節や周辺組織を予防的に切除する治療法です。シンプルにがんを取り除くので、直接的な効果が得られます。その一方で、切除した部位によっては臓器や体の機能が失われるリスクがあり、治療を受けるには手術中および手術後の十分な体力が残されていることが適応条件になります。外科手術は施術を行った範囲に限って効果が得られる局所の治療なので、小さな転移病巣が体中に広がっている場合には化学療法や免疫療法などと組み合わせて、集学的にがんと闘うことになります。

化学療法(抗がん剤治療)

主に抗がん剤を用いてがん細胞を死滅させたり、増殖を抑えたりする治療法です。点滴や注射、内服によって抗がん剤は患者さんに投与され、血液を通して全身を巡るので、ごく小さな転移病巣に対しても治療効果があります。一方、がん細胞だけでなく、正常な細胞も攻撃することがあるので、脱毛、吐き気、倦怠感、しびれなどの副作用が現れ、患者さんにはつらい治療になりがちなのが難点です。最近は、がん細胞の増殖や腫瘍血管の新生などに関わる特定の分子を狙い撃ちする「分子標的薬」と呼ばれる新しいタイプの抗がん剤の開発が進んでいます。

放射線療法

がん細胞は正常細胞よりも放射線の影響を受けやすい性質があります。この性質を最大限に利用して、正常組織へのダメージを小さく抑えつつ、がん細胞を放射線で死滅させる治療法です。CTやMRIなどを用いた画像診断の技術や照射装置の進歩によって、がん細胞に集中して放射線を照射することが可能となり、近年の治療効果の向上は目覚ましいものがあります。照射した範囲でのみ効果が得られるという点では手術療法と同様、局所の治療法となります。最も多く利用されている放射線の種類はX線ですが、最近では水素や炭素のイオンを利用した粒子線治療の普及が進んでいます。