陽子線治療について treatments

効果が期待できるがん

適応症

  • 脳脊髄腫瘍
  • 頭頸部腫瘍
    (公的医療保険適用 ※1  2018年4月~)
  • 肺・縦隔腫瘍
  • 消化管腫瘍(食道癌、直腸癌術後局所再発)
  • 肝胆膵腫瘍
  • 前立腺がん
    (公的医療保険適用 ※2  2018年4月~)
  • 腎がん
  • 早期乳がん(※臨床研究段階)
  • 骨軟部腫瘍(脊索腫、軟骨肉腫、骨肉腫など)
    (公的医療保険適用 ※3  2018年4月~)
  • 転移性腫瘍(肺転移、肝転移、リンパ節転移)
  • 小児がん
    (公的医療保険適用 ※4  2016年4月~)
  • ※1 口腔・咽喉頭の扁平上皮癌を除く。
  • ※2 限局性及び局所進行性で転移を有するものを除く。
  • ※3 手術による根治的な治療法が困難である限局性のもの。
  • ※4 限局性の固形悪性腫瘍に限る。

一般的な適応条件

  • 対象部位に対する放射線治療の既往がないこと
  • 病理診断がついていること
  • 評価可能な病変を有すること
  • 原則として腫瘍の最大径が15cmを超えないこと。(腫瘍の最大値については部位によって異なる場合があります)
  • 広範な転移がないこと
  • 30分間程度、同じ姿勢で動かずに寝ていられること